WATANABE KATSUMI

2013年10月25日

原 芳市「ストリッパー図鑑」

原 芳市
ストリッパー図鑑
2013.09.25(wed) - 10.20(sun)
同時開催:渡辺克巳「HAPPY STUDIO!」
リンク:IMA ONLINE

原芳市写真集「ストリッパー図鑑」(1981刊)より、貴重なヴィンテージ・プリントを展示いたします。

Image1-101.jpg

Image1-102.jpg

 1974年から1980年まで、ぼくは、関東のストリップ劇場で働く踊り子さんたちを撮影して巡っていました。その頃の劇場数は『季刊・芸能東西・遠花火号』に、300館近くあり、その劇場名と住所が印されています。現在はその十分の一に満たない劇場しかありません。
 当時、ぼくが出合った踊り子たちは、ぼくより年上の人が多く、今会えばずいぶん年をとってしまっているのだろうと思いますが、その面影は、きっと変わらないのだろうと思います。そういうぼくだって、もう
65歳です。
 ここに、その頃に撮影し、その頃にプリントした写真を、そのまま展覧します。ぼくが愛してやまない踊り子たちの誇り高き肖像にちがいないと思っているのです。  (原芳市)

 
 
Image1-104.jpg

Image1-105.jpg

Image1-103.jpg
(c)Yosyiichi Hara

※展示会終了後も写真集は販売中です。現在在庫数は数冊です。

【写真集販売】


pub_stripper_photo_web.jpg
写真集 「ストリッパー図鑑」 1982年/でる舎・私家版
著者サイン本

zine_cover_strippers_hara_1.jpg
zine_cover_strippers_hara_2.jpg
ZINE 「ストリッパー図鑑」  2013年/発行 SEKKA


原 芳市
1948  東京生まれ
         千代田写真専門学院中退
写真展 
1973  「東北残像」キヤノンサロン・銀座
1980  「ストリッパー図鑑」銀座・大阪ニコンサロン
1981  「幟の遠景」三人展・新宿ニコンサロン
1983  「淑女録」ミノルタフォトスペース・新宿
1986  「曼陀羅図鑑」新宿大阪ニコンサロン
1987  「曼陀羅図鑑 II」ギャラリーK・福島
1993  「エロスの刻印」銀座・大阪ニコンサロン
2002  「現の闇」銀座ニコンサロン
2008  「現の闇 II」ギャラリー蒼穹舎・新宿
2009  「幻の刻」ギャラリー蒼穹舎
2011  「光あるうちに II」東塔堂・渋谷
         「光あるうちにIII」Ban Photo Gallery・愛知県春日井市
2012  「光あるうちに」銀座ニコンサロン
         「写真の会賞展」第24回写真の会賞 プレイスM・新宿
2013  「Japanese Art Photographers 107」企画展 アートフェア東京
         「常世の虫」銀座ニコンサロン
         「天使見た街」プレイスM・新宿

写真集
1978  「風媒花」でる舎・私家版
1980  「ぼくのジプシー・ローズ」ヤゲンブラ選書・晩聲社
         第17回準太陽賞受賞
1982  「ストリッパー図鑑」でる舎・私家版
1984  「淑女録 原芳市コレクション」晩聾社
1988  「曼陀羅図鑑」晩聾社
1994  「1994ストリッパーズ名鑑」風雅書房
1995  「影山莉菜伝説」青人社 
1999  「ストリップのある街」自由國民社
2000  「ザ・ストリッパー」双葉社
         「ザ・ストリッパー 2」双葉社
2001  「ザ・ストリッパー 3」双葉社
2008  「現の闇」蒼穹舎
2010 「昭和ストリップ紀行」共著 ポット出版
2011  「光あるうちに」蒼穹舎
2013  「常世の虫」蒼穹舎
         「天使見た街」プレイスM



原芳市と故渡辺克巳
 渡辺克巳は1976年〜1981年、東京東中野で「ハッピースタジオ」という写真館を経営していました。原芳市もほぼ同時期、その「ハッピースタジオ」のある商店街を通り抜けた処に住んでいました。原は1974年〜1980年頃、ストリップ劇場を巡りながら踊り子さんを撮っていました。渡辺が30代半ば〜後半、原が20代後半〜30代前半でした。
 原は住いと駅の往復に必ず通るその写真館の中で、渡辺が仕事をしている様子を目にしていました。「新宿の流しの写真屋」として渡辺の名を知っていた原は、その頃撮りためていた踊り子の写真をいつか見て貰いたいと思っていました。ある日、原はその写真館の扉を開け中に入ります。するとその瞬間、渡辺は「オォ!」と、まるで原を以前から見知っていたような言葉を発したそうです。原はその理由が分らなかったそうですが、後に渡辺と知り合った頃を「同じ処をウロウロしていた」と回想しています。
 この「同じ処」には当然二つの意味があります。一つは、同じ東中野に生活圏としての場所があり、そこをウロウロしていたということ。二つ目は、原はストリップ小屋の楽屋や踊り子の、渡辺は新宿のゲイや風俗嬢などの狭間をウロウロしていたというわけです。つまり渡辺は、原をお客さんと思わず、瞬間的に同じ匂いのする人種だと感じたのではないでしょうか。
 初めて会ったその日、渡辺は原の写真を見て「すごい!すごい!いいじゃないか」と自分事のように喜んでいたそうです。それから二人は、新宿で酒を呑んだり、渡辺の撮影に原が同行したりと、交遊が続いたそうです。「ぼくのジプシー・ローズ」(原芳市著)が晩聲社から1980年に刊行され、原はその晩聲社を渡辺に紹介します。そして1982年「新宿群盗伝伝」「ディスコロジー」(渡辺克巳著)が晩聲社から刊行されます。
 原芳市と渡辺克巳、この二人は少なからず縁があったのです。
 旅する=写真する、旅の中で逢いましょう、そして、億万の塵芥のようになりたいと云い、多くの写真を残して死んだ渡辺克巳。四角いファインダーに小さくすまう女たちに眩惑されながら、その踊り子に天使を見、遂に、遠いリオの天使にも導かれ、南米までサンバの踊り子たちを追いかけていった原芳市。二人に共通するのは、「自分の何故?」と「ひと様の何故?」の狭間で、あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、路上をウロウロし、永遠に求める事は難しい「??」または「※※」を追い続ける姿のように思えます。そしてその??や※※を追い続ける限り、そこに映り込む写真は、永遠に色褪せず、いつの時代にも「今」という瞬間を鮮やかに蘇らせ続けるのでしょう。
 
 高くもなく、低くもない、二人の写真家の写真展を同時開催できることを、幸せに思っています。
(汐花)





posted by 汐花 SEKKA BORDERLESS SPACE at 12:57| Comment(0) | 作家写真展 2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

山内道雄 写真展「人へU」

山内道雄 写真展 
「人へ U」

2012.11.03(sat) - 11.25(sun)
写真集 「東京 2009 - 2010」 「人へ U」 蒼穹舎より2012年刊行
掲載 日本カメラ11月号 口絵  アサヒカメラ11月号「写真展ガイド」欄

yamauchi_hitoe2_web.jpg
 

1982年以降東京で撮影した、今は貴重となったフェロがけのオリジナルプリント33点を展示。

 yamauchi_hitoe2_web_002.jpg

yamauchi_hitoe2_web_003.jpg

yamauchi_hitoe2_web_004.jpg
  (C) Michio Yamauchi


pub_hitoe2_web.jpg

山内道雄写真集 「人へ U」

山内道雄の写真集が刊行されました。
1992年に出版された「街」「人へ」と同時期である、1982〜1996年に東京で撮影した、「人へ」焦点をあてた作品集。

蒼穹舍/2012年9月30日発行
B4判変型/上製本/モノクロ2色
106ページ/作品点数:101点/400部
定価 : 4,200円(税込) 

pub_tokyo2009-2010_web.jpg
山内道雄写真集 「東京 2009-2010」

後記
この本の撮影場所は私の生活圏である。撮影のために出かけたところもあるが、全体としては私が住んでいる久我山(杉並区)と友人に会ったり写真展回りで歩いた新宿の写真が多い。とくに後半は久我山に集中している。
2009年12月と2010年の夏に撮ったものである。   2012年5月 山内道雄 (あとがきより)

蒼穹舍/2012年9月30日発行
B5判変型/上製本/モノクロ2色
112ページ/作品点数:103点/400部
定価 : 3,360円(税)
 

山内道雄
1975  早稲田大学卒業
1982  東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業
 森山大道氏に師事 自主ギャラリー・イメージショップCAMP(1984年閉館)に参加
1997  「英領 HONG KONG」により第22回伊奈信男賞受賞
2010   「基隆」により第20回林忠彦賞受賞

〈写真展〉
1983  「東京」bP〜10開催(CAMP新宿)(〜1984年)
1984  「東京・其の壱」(ミノルタフォトスペース・新宿)
1986  「東京1983.2−1986.2」(オリンパスギャラリー・新宿)
1992  「人へ」(ミノルタフォトスペース・新宿)
1994  「上海の夏」(銀座ニコンサロン)
1997  「英領 HONG KONG」(銀座ニコンサロン)
1998  「WAIKIKI」(銀座ニコンサロン)
2002  「TOKYO東京」(銀座ニコンサロン)
2004  「CALCUTTA」(コニカフォトプラザ・新宿)
2005  「HOLIDAY」(galeriaQ・新宿)
2008  「TOKYO」(ギャラリー蒼穹舎・新宿)
2010  「東京2009、12、」(サードディストリクトギャラリー・新宿)
 「基隆」(ギャラリー蒼穹舎・新宿)
2011  「基隆」第20回林忠彦賞受賞記念写真展(富士フィルムフォトサロン・六本木)
〈企画展〉
1986  「東京人間図鑑」(パリ)
1987  「新しい写真の可能性」(世田谷美術館)
1990  「日本人」(モスクワ、タイなど巡回)
1993  「ブレタ・フォトグラフィカ」(オランダ)
1994  「水平」(ソウル)
1998  「Car Culture〜 20世紀写真に見る車社会〜」(清里フォトアートミュージアム)
2007  「新規コレクション展Vol.1」(東京都写真美術館)
  「写真・昭和の肖像1945〜1989」(東京都写真美術館)
2008  「写真・昭和の肖像1945〜1989」(万代島美術館・新潟県ほか)
2010  「二十世紀肖像 全ての写真はポートレートである」(東京都写真美術館)
〈写真集〉
1992  「街」(蒼穹舎) 「人へ」(私家版)
1995  「上海」(私家版)
1997  「HONG KONG」(蒼穹舎)
1999  「野良猫」(Mole)
2003  「TOKYO東京」(ワイズ出版) 「CALCUTTA」(蒼穹舎)
2005  「HOLIDAY」(YK出版)
2008  「TOKYO UP CLOSE」(ラットホール) 「東京2005−2007」(蒼穹舎)
2010  「基隆」(グラフィカ編集室)
2012  「東京 2009-2010」 「人へ U」(蒼穹舎)
posted by 汐花 SEKKA BORDERLESS SPACE at 00:00| Comment(0) | 作家写真展 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

本橋成一写真展 「サーカスの時間」

本橋成一 写真展  「サーカスの時間」
2012/05/03(木・祭) - 05/20(日) 5/7・5/14はお休み
11:30〜18:30
朝日新聞マリオン 5月2日掲載

見知らぬ町にテントを張り、命をかけて身体も張り、市井の人々のこころとまなこに輝きを与え続けたサーカス団。
写真家本橋成一が包み込むように写真機に収めた、サーカスの郷愁溢るゝ心優しき白黒写真展。

motohashi_circus_web_2.jpg
写真集「サーカスの時間」より

motohashi_circus_web_03.jpg

サーカスの芸人さん、裏方さんたちの芸、表情、動き、言葉、生活そのもの、動物たちの動作、建てられては解体されるテント、それらすべてが、ぼくをもう一つの大きな時間の流れへと巻き込み、「サーカスの時間」となった。 (本橋成一)

motohashi_circus_web_01.jpg 

motohashi_circus_web_02.jpg

リンク <ポレポレタイムス社>

本橋成一
1940年 東京都中野区東中野出身
1945年 東京大空襲に遭う
1963年 自由学園卒業
1965年 筑豊文庫の上野英信を訪ね、その後 九州・北海道の炭鉱の人々を撮り始める
1965年 報道写真家岡村昭彦と出会い1年半アシスタントをする。岡村の代わりに連絡係としてベトナムに赴く
1968年 作品「炭鉱〈ヤマ〉」で、第5回太陽賞受賞 
1972年 色川大吉『ユーラシア大陸思索行』でデンマーク、オーストリア、ギリシャ、トルコ、インドなどを撮影
1972年 小沢昭一『諸國藝能旅鞄』(写真/本橋成一)6回連載
1976年 小沢昭一編集『藝能東西』の仕事で初めてサーカスを撮る
1980年 上野駅を撮り始める。個展『サーカスの時間』(新宿・ニコンサロン)写真集『サーカスの時間』(筑摩書房)刊行
1983年 写真集『上野駅の幕間』(現代書館)刊行
1985年 画家丸木位里・丸木俊のスライド集『ひろしまを見たひと』(監督・土本典昭)の作品を撮影
1987年 独立して「ポレポレ坐」を立ち上げる
1988年 写真集『魚河岸 ひとの町』(晶文社)刊行
1990年 『砂の水平線』共著・立松和平(平凡社)刊行 正式に事務所「ポレポレタイムス社」を設立
1991年 チェルノブイリ原発とその被災地ベラルーシに通い始め、汚染地域で暮らす人々を撮影
1993年 写真絵本『チェルノブイリからの風』(影書房)刊行 写真集『サーカスの詩』(影書房)刊行
1995年 写真集『無限抱擁』で日本写真協会年度賞、写真の会賞を受賞
1998年 写真集『ナージャの村』で第17回土門拳賞受賞 ドキュメンタリー映画『ナージャの村』を初監督 ベルリン国際映画祭に出品
2002年 二作目映画『アレクセイと泉』で52回ベルリン国際映画祭にてベルリナー新聞賞及び国際シネクラブ賞受賞 第12回サンクトペテルブルク映画祭でグランプリなど受賞多数
2002年 雑誌の連載で開戦前のイラク国内を旅する 翌年『イラクの小さな橋を渡って』(池澤夏樹との共著)を緊急刊行
2006年 歌と三線一本で流浪の人生を送ってきた石垣島のおばあを描いた映画『ナミイと唄えば』を公開。
2007年 徳山ダムに沈んだ岐阜県徳山村に最後まで住み続けた村人たちの暮らしを15年追った映画「水になった村」を初プロデュース
2009年 ドキュメンタリー映画『バオバブの記憶』公開
2010年 プロデュース作品『祝の島』公開
2010年 個展『昭和藝能東西』(銀座・ニコンサロン)写真集『昭和藝能東西』(オフィスエム)刊行
2011年 写真集『屠場』(平凡社)刊行





posted by 汐花 SEKKA BORDERLESS SPACE at 00:00| Comment(0) | 作家写真展 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。